プラーナ宮崎からのお知らせ

プラーナ宮崎

ストレスを強く感じる人 特徴と対策

こんにちは。プラーナ宮崎の渡邊です。

12月も3分の1が過ぎ、寒さも本格的になってきましたが、皆様、いかがお過ごしでしょうか。

1日の中で、朝晩と日中の気温差も激しく、体調管理を難しく感じていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

年末に向け、忙しさに気を取られ、ストレスに気づかずに体調や気持ちが落ち着かないと感じている方もいると思います。

そこで今回は、ストレスを強く感じる人の特徴と対策をご紹介いたします。

 

 

ストレスを強く感じる4タイプの特徴

あなたはストレスを感じやすいですか?

ストレスを強く感じやすいタイプの特徴は次の4つのタイプが挙げられます。

 

①模範的タイプ

真面目で几帳面。責任感が強く努力家で妥協した図の完璧主義者の人。

 

②自分勝手タイプ

頑固で厳格。他人の失敗が許せずそのの怒りがストレスになる人、自分の思いのままにならないと気が済まない人、頭ごなしに決めてかかる人等。

 

③うなずきタイプ

内向的で嫌な事でもハッキリNOと断れず、後になっても悩んだりする自己嫌悪型のタイプの人。

 

④取り越し苦労タイプ

あれこれ気にしてしまう、心配してしまうなど、心の休まる暇がない。他人に気を使ってばかりいる人。

 

あてはまるものはありましたか?

自分のタイプを知ることで、ストレス対処もしやすくなりますよ。

 

ストレスと上手に付き合う5つの方法

 

ストレスを解消するのも大切ですが、どうしても解消できない原因もあります。

そのような時には「上手に付き合う」ことが重要になります。ぜひ参考にしてみてくださいね。

①物事を前向きに考える

楽観的か悲観的かにより影響は大きく変わります。日ごろから物事の良い面を探すように、プラスの方向へ考える習慣を身につけることで、様々な場面で前向きな行動や選択を行うことができますよ。

 

②完璧を目指さない

物事は100点か0点しかないわけではなく、60点も80点もあります。失敗したと思っても、良かった点を見つけていく習慣を身につけましょう。白黒はっきりとさせたいと思う方も「ここからここまではOK」と自分の中で幅を作ってみてください。

 

③目の前のことから片付けていく

過去のことばかり固執したり、未来に不安を抱いたりするときには、目の前にあることに集中してみましょう。優先順位をつけて1つ1つ取り組みましょう。

プラーナでは就職に対して漠然とした不安を感じた時など、相談対応を行い、優先順位を立て1つ1つ取り組んでいただいています。

 

④適度な休息をとる

がむしゃらにやり続けていては、いつか燃料切れの日がやってきます。「心や体は無理をしていないだろうか」と自問自答し、「疲れたな」と思ったら適度な休息をとりましょう。過集中になりやすい方や休憩を取るのが苦手な方は、30分頑張ったら休憩5分など、事前に決めておくといいですね。

 

⑤毎日、自分の時間を持つ

趣味に没頭する、ゆったりと音楽を楽しむ、お風呂でのんびりするなど、毎日少しでもリラックスする時間を持ちましょう。日頃から自分の時間をもつ習慣をつくることで、お仕事を始めてもONとOFFの切り替えができるようになりますよ。

 

まとめ

物事をどうとらえるか、そしてその処理の仕方によって、ストレスはプラスにもマイナスにも変わっていきます。

ストレスサインは、早めにキャッチして対処しましょう。またストレスと上手に付き合う方法を身につけることも大切です。

プラーナでは就職後も上手にストレスと付き合って無理なく就労を継続できるよう身につくカリキュラムを実施しています。

ご興味のある方はお気軽にご連絡ください。

 

 

―次に繋げる―

就労移行支援プラーナは、あらゆる視点であなたの就職活動とその先のサポートをしていきます。

お気軽にご連絡くださいませ。

お問い合わせ専用フリーダイヤル:0120-40-3229

お問い合わせメールアドレス:info@prana-g.com

前の記事 お知らせ一覧へ 次の記事