プラーナ海老名からのお知らせ

プラーナ海老名

新しい職場に馴染むには

みなさんこんにちは。

まだまだ寒暖差が激しい日が続いておりますが、お元気でお過ごしでしょうか?

 

さて、4月は色々新しいことがスタートする時期ですね。

みなさんは「新しい職場」「新しい環境」と聞くとどんな気持ちになりますか?

就職が決まった方のお気持ちを聞くと、プラーナの卒業生の方は

「やっとスタート地点に立てて嬉しい」「仕事ができると思うと嬉しい」

と話してくださる方が多く、頼もしい限りです。

でも、正直不安もあると話される方もいらっしゃり、どんな点が不安かお聞きすると

 

  • 体力的に大丈夫かが不安
  • 仕事をちゃんと覚えてこなせるかが不安
  • 職場に馴染めるかが不安

といった声をお聞きします。

今回は、3つ目の

「職場に馴染めるかが不安」 という声にフォーカスし

新しい職場で新生活をスタートする際に、覚えておくと良いことをお伝えしていこうと思います。

 

 

 

職場に馴染んだと言えるのは?

 

そもそも職場に馴染むとはどういうことなのでしょうか?

入社1年以上経った方に、どの辺りから馴染んだと感じたかお聞きすると

 

  • 職場の人に声をかけてもらえるようになった時

  • 職場の方と雑談ができるようになった時

  • いくつかの仕事を任せられるようになった時

というような答えが返ってきます。

やはり、職場で自然なコミュニケーションが取れるようになってくると

自分でも馴染んできたと感じることができるようです。

 

タイミングやペースを大事に

 

まず新しい環境で、どんどん自分から周りの人に話かける、というのは難しいですよね。

また、周りの方のペースもあるので、いきなりこちらから色々聞いたり話しかけたりするのも、得策とは言えません。

職場の方も、新しい方を受け入れるということは、大きな環境の変化になります。

こちらが急に距離を縮めようとすると相手も疲れてしまいます。

職場に馴染んだと感じられる時期は、3ヶ月~半年が平均的と言われています。

最初から早く馴染もうと焦らずに、ゆっくり馴染んでいこうという気持ちを持ちましょう。

 

最初に大事なことは?

 

まずは、毎日しっかり挨拶をすることです。

しっかり相手の方を見て、できるだけ、はっきりと声を出して挨拶をしてみましょう。

毎日しっかりとした挨拶をすることにより、相手は皆さんに対し、声をかけやすくなります。

挨拶が消極的だと、声を掛けづらいという印象を持たれてしまうこともあります。

しっかりした挨拶や返事が、職場に馴染んでいく大事な第一歩になると言えるでしょう。

 

返事やお礼もしっかりと

 

仕事をスタートしてからは、周りの方から仕事を教えてもらうことが前提となります。

教えてもらった時はしっかりとお礼をその場で伝え、指示をもらった時はしっかり返事をしましょう。

しっかりした返事は、安心して仕事を任せられる、という印象につながります。

また、お礼に関してはその場で伝えるのはもちろん、一日の終わりにタイミングがあれば

「今日はありがとうございました」と一言伝えてみましょう。

これにより、相手も、また快く仕事を教えようと感じて下さるはずです。

 

その結果

 

基本的なあいさつや、返事、お礼をしっかりしていくことで、徐々に周囲から信頼を得ていくことができます。

その結果、周囲から声をかけられたり、話しかけられたりする回数が少しずつ増えていくはずです。

そこから少しずつ自然なコミュニケーションが取れるようになり、自分でも肩の力が少しずつ抜けていくことと思います。

 

「普段から」が大事

 

今回お伝えした内容は、基本的な内容になります。

プラーナではそういった、どの職場でも共通して大事なことを自然に身に付けていくことができます。

また、お仕事を長く続けるためのポイントを、カリキュラムや面談を通して、皆様にお伝えしています。

「職場になかなか馴染めなかった」「仕事が長く続かない」といった経験のある方、ぜひお気軽にご相談ください。

 

―次に繋げる―
就労移行支援プラーナは、あらゆる視点であなたの就職活動とその先のサポートをしていきます。お気軽にご連絡くださいませ。
お問い合わせ専用フリーダイヤル:0120-40-3229
お問い合わせメールアドレス:info@prana-g.com

 

 

 

 

 

 

 

 

前の記事 お知らせ一覧へ 次の記事