プラーナ八戸からのお知らせ

プラーナ八戸

【アルコール消毒と手洗い】違いを知って適切な予防を!

皆さんこんにちは!プラーナ八戸です。

新型コロナウイルスの感染状況をふまえ皆様日々、感染予防対策に取り組んでいただいていることかと思います。

まん延の一方、今まで予防していた感染症にも近頃注目が集まってきています。

本日は【アルコール消毒と手洗い】の違いを知り、適切な予防を行うことができるよう注意点をご紹介させていただきます!

就職活動や就労には自己体調管理も重要です。

ぜひ本日の記事を参考にしてみてくださいね!

 

 

【アルコール消毒と手洗い】の違いとは?

 

アルコール製剤による手指消毒は大変効果的ですが、洗浄効果はないため、汚れは除去できません。

そのため、手が目に見えて汚れている場合は、必ず手洗いを行う必要があります。

 

基本的には手洗いをしっかり行えば大丈夫

自分の洗い方に不安があるときや、水が使えないときは擦式のアルコール手指消毒剤を併用しましょう。

手や指についたウイルスの対策は、洗い流すことが最も重要です。手や指に付着しているウイルスの数は、流水による15秒の手洗いだけで1/100になります。また、石けんやハンドソープで10秒もみ洗いし、流水で15秒すすぐと1 万分の1に減らせます。

官公庁のホームページには「手洗い後、さらに消毒液を使用する必要はない」と説明されています。確かに食品を取り扱う仕事や医療・福祉関係の仕事をする人は、流水で手を洗った後に擦式のアルコールで手指を消毒しています。しかしふだんの生活で行う手洗いでも、上記のように確実に行えば対策は充分です。もし自分の洗い方に対して心配があれば、アルコール消毒を併用するとよいでしょう。

なお、擦式のアルコール手指消毒剤(アルコール濃度60%以上のもの)は、手に付着した病原菌を短時間で確実に減少させる効果があり、水を必要としないで簡便にできる方法です。目に見える汚れがない場合は、擦式アルコール手指消毒剤を用いることも効果的です。 ただし、手に付着した(新型コロナウィルス以外の)細菌やウィルスにはアルコール消毒の効果が弱いものもありますので、過信は禁物です。

 

 

アルコール消毒では不十分?【ノロウイルス】

ノロウイルスはロタウイルス、サポウイルス、アデノウイルスなどとともに感染性胃腸炎の原因となるウイルスのひとつです。とくにノロウイルスは感染力が極めて強く、わずか10個のウイルスが体内に入っただけで発症する可能性も指摘されています。

感染性胃腸炎は病原体が口から入り込んで感染し、腹痛や下痢、おう吐に加えて発熱症状も起こすことがある病気です。今年はノロウイルスが原因とみられる感染性胃腸炎の感染者数が昨年に比べて増加傾向にあることが、国立感染症研究所の調査で明らかになっています。

感染性胃腸炎の原因となるノロウイルスやロタウイルスは、アルコールに対する抵抗性が強いとされています。インフルエンザウイルスなどは『エンベロープ』と呼ばれる脂質性の膜に覆われた構造になっています。エンベロープは一般に消毒液として使用されている消毒用エタノールに弱いため、被膜が壊されることでウイルスそのものもダメージを受けやすいのです。

これに対して、ノロウイルスやロタウイルスはもともと脂質性の膜をもたず、ある意味ウイルス遺伝子がむき出しの状態です。エタノールだけでなく、乾燥、酸などへの抵抗性も強いウイルスで、一般的な消毒液ではダメージを与えにくいのです。
それが“アルコール消毒がノロウイルスに効きにくい”といわれる理由です。

 

そのため、アルコール消毒と手洗いの「どちらか」ではなく、「両方とも」重要であるとされています。

 

「やりすぎ」に要注意!

 

手洗いでもアルコール消毒でも、頻繁に、継続して、しっかりと行うことが感染拡大を防ぐためには最も効果的。

両方できる人は2つとも取り入れて問題ないでしょう。しかし、洗いすぎ消毒しすぎは病原体に対する耐性がなくなったり、必要な皮脂までを傷つけてしまうと手荒れの原因になる恐れもありますので適切な回数で行っていただくことが大事です。

手荒れがあると、皮膚の細かい傷にウィルスだけでなく、他のばい菌も残りやすくなります。手洗いや消毒をしたら、保湿効果のあるハンドクリームなどでしっかりスキンケアを行いましょう。

 

自らの好みやライフスタイルを考慮しながら、無理なく続けられるウイルス対策を実践してみてくださいね。

 

お問い合わせフォームはこちらから

―次に繋げる―

就労移行支援プラーナは、あらゆる視点であなたの就職活動とその先のサポートをしていきます。

お気軽にご連絡くださいませ。

お問い合わせ専用フリーダイヤル:0120-40-3229

お問い合わせメールアドレス:info@prana-g.com

前の記事 お知らせ一覧へ 次の記事