プラーナ湘南からのお知らせ

プラーナ湘南

社会人として、長期休暇の過ごし方とは?

こんにちは。プラーナ湘南です。

間もなく、ゴールデンウィークがやってきます。

せっかくの長期休暇、どうしたら有意義に過ごせるのでしょうか?

また、休み明け元気に日常生活に戻るためにやるべきことは?

 

今回は「社会人として」休み明けの仕事モードへの切り替え方、

長期休暇の過ごし方をお伝えしていきたいと思います。

 

  • 休み明けにありがちな不調とは?
  • 不調を感じる原因とは?
  • 仕事オードに切り替えるためには?①
  • 仕事モードに切り替えるためには?②
  • 有意義に過ごすためには?
  • まとめ

 

休み明けにありがちな不調とは?

・体がだるい

・眠気が取れない

・集中できない

・気分が落ち込む など

8割以上の人が辛いと感じ、特に朝起きた瞬間に特に辛いと感じるそうです。

なので、自分だけがこんな気持ちなのかと落ち込むことはありません。

 

不調を感じる原因とは?

不調を解消するためには原因を突き止めることが大切です。

原因は様々ですが、休暇中の過ごし方も関係してきます。

例えば、、、

・体内時計の乱れ

夜更かしや寝すぎにより体内時計が乱れると時差ボケのような状態を招きます

・食生活の乱れ

食べすぎや飲みすぎによる胃の機能低下、栄養の偏りにより風邪をひきやすくなり

ます。

・ストレス

長期休暇から日常生活に戻ることにより、体力や精神力を使うため、どうしてもス

トレスがかかってしまいます。

 

ではうまく切替えるにはどうしたらいいのでしょうか?

 

仕事モードに切り替えるためには?①

休み明け仕事モードに切り替えるためにできることを紹介します。

まずは、休み期間中にできることです。

・規則正しい生活を心がける

就寝時間、起床時間どちらも規則正しくするのが難しいなら、起床時間はいつも通

り過ごせるようにしてみましょう

・太陽の光を浴びる

目の中に光が入ることで脳が刺激され、体内時計を整えることができます

・適度な運動を心がける

 

仕事モードに切り替えるためには?②

次は休暇最終日から、出勤当日の朝に心がけると良いことをいくつか紹介していきます。

・休日最終日の就寝時間、起床時間を普段通りに戻す

・朝食をしっかり食べて出社する

身体を休息状態から活動状態に変化させることができます

・軽いストレッチをし、脳を目覚めさせる

・1日の流れを把握する

やみくもにただ時間が過ぎるのを待つのではなく、1日の流れを把握することで心に

余裕もうまれてきます

・スケジュールを立て優先順位を決める

簡単な仕事から始め徐々に気持ちを切り替えることで、その後の仕事がはかどりや

すくなります

・初日から張り切り過ぎない

やる気があるのはいいことですが初日に張り切り過ぎて、その後ペースダウンして

は意味がありません。少しずつ調子を上げていきましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

休み明けの体調不良は長くても1週間ほどで良くなることが多いそうです。

始めの1週間は無理をし過ぎないようにしましょう。

今回は「社会人として」の長期休暇の過ごし方をまとめてみました。

社会人になるとなかなか会社を休むことができなくなるため、体調管理はとても大切になってきます。

規則正しい生活を整え、ストレスをうまく発散して疲れにくい体をつくりましょう。

プラーナ湘南では、1週間の始まりを気持ちよく迎えるためのカリキュラムなどがあります。

是非、プラーナ湘南で一緒に学びましょう!

 

一人で悩んでいませんか?

プラーナ湘南はあなたの目標に向かって丁寧に寄り添うスタッフがいます。

 

―次に繋げる―
就労移行支援プラーナは、あらゆる視点であなたの就職活動とその先のサポートをしていきます。
お気軽にご連絡くださいませ。
お問い合わせ専用フリーダイヤル:0120-40-3229
お問い合わせメールアドレス:info@prana-g.com

 

 

前の記事 お知らせ一覧へ 次の記事