プラーナ八戸からのお知らせ

プラーナ八戸

なぜ不安は起きるのか?【不安を行動で取り除く!】

皆さんはこういった経験はありませんか?

例えば「来週のプレゼンが心配だ…」「寝る前に急に不安に襲われるんです」「将来が漠然と不安です…」などなど。

ある調査によると、「最近不安を感じている人」は、約7割以上に及ぶそうです。

本日はそういった「不安」への対処法を紹介させていただきたいと思います!

 

 

 

なぜ、不安は起きるのか?

 

何かについて悩み、苦しむとき、そこには必ずと言っていいほど「不安」がセットになっています。ものすごく悩んでいるのに、「不安」が存在しない、ということはほとんど無いはず。不安の反対は「安心」です。そのため「安心した状態になる」=「悩みの解決」であるとも言えます。ここでは、脳科学的に「不安」の本質を紹介し、不安の正体を少し解明していきたいと思います。

不安の原因を脳科学的にザックリ言うと、「ノルアドレナリンの分泌」です。人間が緊張、不安、恐怖の感情を抱いている時、脳内ではノルアドレナリンが分泌されています。

ノルアドレナリンは、「闘争や逃走(Fight and Flight)」の場面ではたらく神経伝達物質と言われています。自然界の動物にとっては「敵や捕食者」「不快な環境」などがストレスをもたらす大きな原因。そんなとき、動物はすぐに臨戦態勢をとったり、逃げ出したりしなくてはいけません。ストレスを感じた時にノルアドレナリン分泌が増えるのは、正常なことなのです。

闘争か、逃走か。ノルアドレナリンが分泌されると脳が研ぎ澄まされ、集中力が高まり、どうすればいいのか一瞬で判断できるようになります。

 

ノルアドレナリンによって引き起こされた「不安」と「恐怖」がピンチを脱するエネルギーになる一方で、ピンチの時に「さぁ!行動しましょう!」とあなたを猛烈にせかしてくる物質でもあるのです。その「行動をせかされること」が不安につながってしまうと言われています。

 

不安は何もしないと増え、行動すると減る

 

不安になるのは、必ず「ピンチの状態」や「困った状態」のとき。そこから「早く行動して、脱出しなさい!」というのが、不安の生物学的な意味合いです。そのため、何もしないで布団に入って、「どうしよう…」と悩みを放置し続けるほど、不安は強くなってしまうのです。多くの人は、悩みを抱え、不安な状態になったときほど「どうしようどうしよう」の思考停止の無限ループに入ってしまいます。そうなってしまうと、悩みは残り続け、解決に向かうことが難しくなってしまいます。

そのため、「不安」を消すことには「行動する」ことが重要になってきます。

 

いきなり不安は「ゼロ」になることはなくても、行動することで、不安は必ず軽くなります。「何もしない」とそのままかもしれないことが、「何かするだけ」で気分が変わってくるかもしれないのです。

 

不安を取り除くための3つの行動

 

「行動する」というと、少々ハードルが高くなってしまうように感じるかもしれませんが、あまり難しく考える必要はありません。ここでは、まずは気軽に取り組めそうな対処法を3つご紹介させていただきます。

 

①話す

「相談する」「カウンセリング」というのも「話す」ことです。大声で叫んでスカッとしてストレス解消してみることも「話す」ことです。「相談」と聞くとハードルが上がってしまうように聞こえても、「話す」と聞くと少しハードルが下がったような気がしてきます。

誰かとおしゃべりするだけでもストレス発散することができるのです。しかも、雑談によって人間関係も深めることができるかも。「話して」、「質問する」ことで速やかに問題が解決できることもあるかもしれません。

 

②書く

「書く」ということができるとさらに強烈なアウトプットになります。意外なことかもしれませんが、自分の悩みを書き出すだけで、ストレスが吐き出されます。また、頭の中が整理され、悩みが明確化します。さらに、毎日日記をつけることで自己洞察力を鍛えることができます。書くことで脳内が整理され、自己洞察が深まり、マイナスな感情やネガティブな考え方に気が付き、修正する手がかりを得ることができるのです。

 

③体を動かす

もし、話しても書いてもどうしても強い不安が残るのであれば、今すぐ外に出て100メートルを全力疾走してみましょう。かなりスッキリするはずです。

100メートル全力疾走だとちょっと、という方も「不安」は軽い運動でも解消できます。運動に全力で取り組むことが重要なのです。運動することによってセロトニンが活性化することにより、ノルアドレナリンを正常化したり、脳内を鎮静し、リラックスさせネガティブな感情を取り払ってくれる効果があります。

 

まとめ

今回は、不安の原因や解消法をご紹介させていただきました。

ぜひ記事を参考に、「不安解消」に取り組んでみてくださいね!

 

―次に繋げる―
就労移行支援プラーナは、あらゆる視点であなたの就職活動とその先のサポートをしていきます。お気軽にご連絡くださいませ。
お問い合わせ専用フリーダイヤル:0120-40-3229
お問い合わせメールアドレス:info@prana-g.com
前の記事 お知らせ一覧へ 次の記事