プラーナ相模原からのお知らせ

プラーナ相模原

コミュニケーション能力を高める方法 質問の仕方 5W質問法

皆さんこんにちは。プラーナ相模原です。

桜が満開になったかと思えば、もう散り始めてしまい、季節の移り変わりの速さを感じる今日この頃。

皆様はいかがお過ごしでしょうか。

4月も中旬になり、新しい環境での生活に少しずつ慣れてきたという方もいらっしゃるかと思います。

反対に、まだ慣れることが出来ずに、苦戦しているという方もいらっしゃるでしょう。

今回は新年度になったからこそ、知ってもらいたいコミュニケーションスキル、

5W質問法について取り上げていきます。是非ご参考になさってください。

 

 

・コミュニケーション能力を高める5W質問法とは

まず初めに5W質問法についてご説明します。

5W質問とは相手の発言について5Wの質問で返す傾聴スキルのことを指します。

 

  • 時間(When)
  • 人   (Who)
  • 場所(Where)
  • 特徴(What)
  • きっかけ(Why)

 

これら5つのことを会話に盛り込むだけで、驚くほど会話のボリュームが生まれ、

円滑なコミュニケーションを取ることが出来ます。

 

皆さんの中には、なかなか会話をつなげることが出来ない。

質問をしてもすぐ会話が終わってしまうといった悩みを感じていらっしゃる方も多いと思います。

かくいう私も、なかなか会話が続かないといった悩みを抱えていた時期がありました。

その悩みが、5W質問法を取り入れることにより払拭され、悩むことが少なくなりました。

 

次の章では、5W質問法によって得られることを3点述べていきます。

 

・コミュニケーション能力を高める5W質問法によって得られること

5W質問法によって得られることは3点あります。

 

  • 比較的簡単に実践できる
  • 会話にボリュームが生まれる
  • 多くの場面で活用できる

 

一点ずつ解説していきます。

 

  • 比較的簡単に実践できる→5つの枠組みに沿って会話をしていくので、自然なコミュニケーションを取ることが出来ます。また数多くある会話術の中でも、比較的実践しやすい部類にあたります。

 

  • 会話にボリュームが生まれる→上から順に質問に沿って会話をしていく流れになるので、会話にボリュームが生まれます。また会話を掘り下げていくので、相手のことを深く知ることが出来ます。

 

  • 多くの場面で活用できる→どんな場面でも実践しやすい会話術になりますので、ビジネス、プライベート問わずに使うことが出来ます。会話が滞ってしまうといった場面ではぜひ実践してみてください。

 

このように5W質問法を用いることにより、多くの効果を得ることが出来ます。

 

お待たせしました。いよいよ次の章では具体例を用いた実践例を述べていきます。

文章だけでは想像がつかないと思うので、実践例を見て自分なりのやり方を確立してください。

 

・もう会話で行き詰まることはない!5W質問法質問の仕方

これから5W質問法の例を二点紹介していきます。どちらのパターンも日常でよく耳にしますので、

参考にしていただけたらと思います。

 

例として、初対面の方が

「私は栃木出身です」と言ったとします。

 

これに対して以下のような質問をすることが出来ます。

 

・時間(When)

〇〇県にはいつ来られたんですか?

 

・人   (Who)

栃木の方言や特徴は何ですか?

 

・場所(Where)

栃木のどの辺りの出身ですか?

 

・特徴(What)

出身地域の有名な特産品といえば?

 

・きっかけ(Why)

〇〇県に来られたきかっけは何ですか?

 

このように、一つの質問から5つの質問ができるので、会話にボリュームが生まれますし、

比較的簡単に実践することが出来ます。

 

もう一つの例も見てみましょう。

 

「週末に何をしましたか」という投げかけに、

「ショッピングに行きました」という問いかけがあったとします。

 

これに対して以下のような質問をすることが出来ます。

 

・時間(When)

ショッピングは月に何回くらい行かれるんですか?

 

・人   (Who)

ショッピングは一人で行きますか?誰かと行きますか?

 

・場所(Where)

どこでショッピングをしましたか?

 

・特徴(What)

なにか気になる商品はありましたか?

 

・きっかけ(Why)

ショッピングはどんな時に行きますか?

 

 

いかがでしたか。二つの例を挙げましたが、イメージが付きましたでしょうか。すぐには実践できなくても、頭の片隅に知識があるだけでも、今後生きてくると思います。

また、5W全てを活用しなければいけないといったわけではありません。状況に応じて使い分けて、自分なりの会話術として身に着けていただけたら幸いです。

 

今回のブログはここまでです。今後もコミュニケーションで活用できる知識や方法がありましたらご紹介いたしますので、是非ご参考になさってください。

 

お問い合わせフォームはこちらから

―次に繋げる―

就労移行支援プラーナは、あらゆる視点であなたの就職活動とその先のサポートをしていきます。

お気軽にご連絡くださいませ。

お問い合わせ専用フリーダイヤル:0120-40-3229

お問い合わせメールアドレス:info@prana-g.com

前の記事 お知らせ一覧へ 次の記事