プラーナ湘南からのお知らせ

プラーナ湘南

マスク熱中症って?

こんにちは。

プラーナ湘南です。

 

暑い日がつづいていますが、体調など崩していませんか?

 

今回はそんな暑さに関係があり、これからの季節に注意が必要な「熱中症」についてお話ししていこうと思います。

 

 

 

熱中症とは

 

気温の高い環境にいることで体温調整機能が効かなくなった結果、体内の水分と塩分のバランスが崩れること。

 

 

なぜ熱中症がおこるのか

 

もともと人間のからだには体温調整機能があり、汗をかいたりすることで体内の熱を外に放出します。

しかし、あまりに暑い環境にいると体温調整機能が乱れ、体内に熱がこもってしまいます。

その結果、汗とともに体内の水分や塩分がなくなり、筋肉や神経などに影響をおよぼします。

 

 

要因は?

 

・気温、湿度の高さ

・日差しがつよい

・風通しがわるい

・運動をし、からだの中で熱がうまれたとき

・からだが暑さに慣れていない

・疲れ

・寝不足

・体調不良

 

熱中症になる要因は気温の高さや湿度など、気象による影響がおおいです。

しかし、体調不良により発症するケースもあります。

 

 

症状は?

 

 

・軽症

立ちくらみ

筋肉の硬直

大量の発汗

手足のしびれ

 

・中症

頭痛

吐き気

倦怠感

力がはいらない

 

・重症

意識障害

けいれん

まっすぐ歩けない

からだに触れると熱い

 

 

熱中症になってしまったら

 

軽症だからと放置していると、あっという間に重症化することもあり、速やかな処置が大切になってきます。

熱をはかり普段よりも1度以上たかい場合には注意が必要です。

 

初期処置

・涼しい場所で安静にする

・水分と塩分の補給

・からだを冷やす

(首筋、わきの下、足の付け根など)

 

※自分で水分補給ができないほどの症状があるのならば、すぐに病院へ

 

 

マスク熱中症

 

 

マスク生活があたり前であり、マスクをすることがマナーにもなっている今、「マスク熱中症」という言葉もあります。

 

マスク着用時は心拍数や呼吸、体感温度の上昇などによりからだに負担がかかります。

人との距離が十分にとれる(2m以上)場所ではマスクを一時的にはずし、涼しい服装をこころがけましょう。

 

マスク着用により、急激な熱中症のリスクが上がることはないそうですが、マスクをつけたままの激しい運動は

危険なので避けましょう。

 

問題なのは自粛生活での運動不足、暑さにからだが慣れていない、マスクによりのどの渇きを感じにくくなることにより、

自覚なく脱水状態になってしまうといった点です。

 

手洗いの際、ウイルスを洗い流すのと一緒に手首を水で冷やし、体温を下げましょう。

 

 

実は多い室内での熱中症

 

外での暑い環境だけが熱中症リスクがあると思いがちですが、実は室内でも注意が必要です。

2010年あたりから室内での熱中症による緊急搬送人数がふえており、発症率も野外より高くなっています

室内でも気温と湿度に注意し、こまめな水分補給もわすれずにしましょう。

 

対策として

・暑いと感じたらクーラーや扇風機を利用する

・室温が28度を超えないようにする

・水分補給

・湿度が高くならないようにこまめな換気をする

・睡眠をしっかりとる

 

 

まとめ

いかがでしたか?

これからもっと気温があがり、暑くなってくると考えられます。

 

基本的に、病気に負けないための強いからだ作りには「規則正しい生活」がかかせません。

睡眠もとても大切になってきます。

 

プラーナ湘南には「笑顔de働くカラダのススメ」というカリキュラムがあります。

月曜日から1週間を気持ちよく過ごすため、ストレッチや運動を行っています。

適度な運動は、健康維持のためにもリフレッシュのためにも、とてもいい作用があります。

一緒にからだを動かしてみませんか?

 

一人で悩んでいませんか?

プラーナ湘南はあなたの目標に向かって丁寧に寄り添うスタッフがいます。

 

―次に繋げる―

就労移行支援プラーナは、あらゆる視点であなたの就職活動とその先のサポートをしていきます。

お気軽にご連絡くださいませ。

お問い合わせ専用フリーダイヤル:0120-40-3229

お問い合わせメールアドレス:info@prana-g.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前の記事 お知らせ一覧へ 次の記事