プラーナ八戸からのお知らせ

プラーナ八戸

最新科学からわかった「3つの幸福」

皆さんは最近『幸せ』、感じておりますでしょうか?

 

ある精神科医によると、「『幸せ』とは、仕事で成功した、欲しいものが買えた手に入った、などある状態になってから感じるものではない」とのこと。

これは脳内で幸福を感じる物質(神経伝達物質)が出ていれば誰でも『幸せ』になれる、ということだそうです。

さらに「幸福は分解していくと、ほとんどの人にとって、だいたい『健康』『愛』『お金・成功』のどれかなんです」とのことで、私たちが感じる幸福には「セロトニン的幸福」「オキシトシン的幸福」「ドーパミン的幸福」の3つの神経伝達物質が深く関わっている、と明かしました。

 

本日はそんな3つの神経伝達物質がもたらす『幸せ』についてお伝えさせていただきます。

 

  • 「セロトニン的幸福」
  • 「オキシトシン的幸福」
  • 「ドーパミン的幸福」

 

「セロトニン的幸福」

「セロトニン的幸福」は「健康の幸福」で、体の調子がいいときに感じられる「気持ちがいい」「すがすがしい」などの感情・気分のこと。健康な人なら「基本的には満たされているので、(セロトニン的幸福の)ありがたさに気づきにくいと言われております。

朝起きて『青空が気持ちいいな』と実感するなど、“プチ幸福”を感じることを大切にしてみるとより良いでしょう。

 

「オキシトシン的幸福」

「オキシトシン的幸福」は、「他人とのつながりで感じる幸福」。パートナーとのスキンシップや、友人との会話などで発生するのがオキシトシンという物質。「大切な人としっかり交流していくことが大切」であり、ほかにも、人に親切にすることでオキシトシンが出ます。オキシトシンは何回出ても効果が弱まらない物質なので、身近な人に『ありがとう』と伝えるのもおすすめです。

 

「ドーパミン的幸福」

「ドーパミン的幸福」ですが、これは社会的成功やお金を得たときなどに感じる「成功の幸福」です。幸福を感じる物質ではあるのですが、ドーパミンは脳に発生するたびに「幸せ」と感じる効果が弱まっていく性質があるため、アルコール依存症や買い物依存症などの原因になってしまう側面も持っています。

そのため依存症を防ぐための方法として、「ドーパミン的幸福を感じる際には、オキシトシンを一緒に出すこと」が大切です。

例えばビジネスでも『お金を稼ぐこと』を目的とせず、『いいサービス・商品で相手を喜ばせている』『人から感謝されている』と感じながら働くこと。

お金だけが目的だと、例えば1億円を稼いでも満足できなってしまいます。

 

どうでしょう。

ぜひ、3つの『幸せ』を感じていただき、幸福感を高めてみてはいかがでしょうか。

 

―次に繋げる―

就労移行支援プラーナは、あらゆる視点であなたの就職活動とその先のサポートをしていきます。

お気軽にご連絡くださいませ。

お問い合わせ専用フリーダイヤル:0120-40-3229

お問い合わせメールアドレス:info@prana-g.com

 

前の記事 お知らせ一覧へ 次の記事