プラーナ八戸からのお知らせ

プラーナ八戸

理想的な運動を継続するために

皆さんこんにちは!

11月も中旬を過ぎ、だいぶ寒くなってきておりますね。日中は日差しがあれば比較的過ごしやすい気候でもあり、外を見るとジョギングやランニングをしている人を見かけることも多くなっております。

ジョギング、ランニング、筋トレ…一人でもできる運動として取り上げられることが多いものですが、皆さんは運動を生活の中に取り入れていますでしょうか??

 

「初めてはみたもののなかなか続かないんです…」という声。

プラーナの利用者様からもよく聞くことが多いです。

今日はそういった方々へ、「運動を継続するコツ」をお伝えさせていただきたいと思います!

 

 

理想の運動とは

 

良く言われる「1日20分の早歩き」は最低限の運動であると。それがクリア出来たら、もっと本格的な運動にステップアップしていきましょう。

 

理想は、

  1. 中強度以上の運動(1回45~60分以上、週に2~3回以上)をする
  2. 有酸素運動と筋トレを組み合わせる
  3. 楽しみながら取り組む要素を組み合わせる
  4. ほどほどの量にしてやりすぎない

 

がベストです。次の項目でいくつか解説していきますね。

 

有酸素運動と筋トレを組み合わせる

運動の習慣がない人には5~10分のスキマ時間を活用していただくのがおすすめですが、やはり30分以上のまとまった運動をした方がより効果的になります。

それは、有酸素運動をはじめてから20~30分経つと成長ホルモンが分泌され始めるからです。成長ホルモンは脂肪燃焼・睡眠の質向上・疲労回復・免疫力アップ・美肌効果など体に良いことばかりです。

また、運動をはじめて最初のうちは糖がエネルギーとして使われるため脂肪は燃えません。燃え始めるのは30分を超えてから本格的に始まりますので、その時間から有酸素運動を取り入れるのがベストです。

しかし、有酸素運動だけしていればOKというわけではありません!

有酸素運動(呼吸をしながら行う運動)と無酸素運動(呼吸を止めて行う運動)の両方を組み合わせてこそ、効果が最大限に発揮されます。

有酸素運動はウォーキング、ジョギング、水泳、サイクリングなど呼吸を行う運動です。無酸素運動とは、筋トレ、短距離ダッシュ、ウェイトトレーニングなどです。

 

有酸素運動は脳の活性化、脂肪燃焼効果があり、無酸素運動は筋肉や骨を鍛えたり、基礎代謝を高めるなど体の機能の基礎を作る効果があります。

そして、2つを組み合わせることで効果は掛け算になり、互いに相乗効果があるのです。

別々に行うのではなく、できれば同じ日に行うとより効果的です。

 

有酸素運動の前に、筋トレをすることでジョギングのスタート直後から脂肪燃焼ができ、運動効果が飛躍的にアップしますよ!

 

楽しみながら取り組む要素を入れる

運動が続かないのは、楽しみになる要素がないからかもしれません。

運動には様々な種類があります。そして自分にあった方法もかならずあります。一人で行うとモチベーションが保てないのであれば、友人や家族と行うのも良いでしょう。

今はアプリなどで、運動メニューも考えてくれるものもあります。ぜひ、積極的に活用していただくと良いですね。

また、運動後「ああ、今日もスッキリしたなぁ」と口に出していただくのもいいでしょう。

より、リフレッシュ効果も高まります。

 

ほどほどの量〇やりすぎ×

運動の習慣がついてきたと言って量を無理してしまうと挫折の原因になりかねません。

多ければ多いほどいいというわけではなく、あくまでも自分に合ったベストなペースをつかんで続けていただくことが大事です!「重度な運動」は怪我のリスクもあります。

中強度な運動であれば、毎日でも良いのでは、極めて強度な運動を毎日するのは、必ずしも健康に良いとは限りません。運動は適度に行うのが最も健康的なのです。

 

お問い合わせフォームはこちらから

―次に繋げる―

就労移行支援プラーナは、あらゆる視点であなたの就職活動とその先のサポートをしていきます。

お気軽にご連絡くださいませ。

お問い合わせ専用フリーダイヤル:0120-40-3229

お問い合わせメールアドレス:info@prana-g.com

前の記事 お知らせ一覧へ 次の記事