プラーナ八戸からのお知らせ

プラーナ八戸

【カラダを元気にする食材】

みなさんこんにちは。

プラーナ八戸です。

 

12月も早いものであっという間に年末に差し掛かってきましたね。

1ヶ月を皆さんは早く感じますか?長く感じますか?

早く感じた方も長く感じた方も充実した日をお送りください。

 

さて今回は、カラダを元気にする食材をご紹介して行きたいと思います。

 

 

 

タンパク質をバランス良く摂って病気への抵抗力を高める

タンパク質は健康な皮膚や粘膜の材料となる、免疫細胞の主成分です。

ウイルスや病気への抵抗力を高め、ケガや炎症を治りやすくします。

肉や魚、卵などの植物性タンパク質と、豆腐などの植物性タンパク質をバランス良く摂りましょう。

 

★成長期のお子様には、特に摂って欲しいのは、納豆や鮭など。

カルシウムの代謝に関与して骨を丈夫に保つ、ビタミンKやビタミンDを多く含まれています。

 

キノコ類やヨーグルトで免疫細胞を活性化

きのこの食物繊維の一種、β-グルガンは検疫力を活性化する働きがあり、特にまいたけに豊富です。アスパラガスは免疫細胞の活性化に加え、抗ウイルス作用もあると言われています。ヨーグルトや漬物など乳酸菌を含む食材も優秀です。

 

★30~40代の男性は、仕事のストレスや身体の変化が現れやすいこの時期から、健康を意識した食生活を。β-グルカンは血中のコレステロールを下げる働きもあるため、キノコはおすすめです。

 

緑黄色野菜などで体内をサビ付かせない

体内の活性酸素が増えると、鉄やサビがつくように活性酸素が細胞を傷つけ、免疫細胞の力が弱まります。抗酸化作用のあるβ-カロテンを含む緑黄色野菜やポリフェノールを含む玉ねぎ、ごぼうなどを摂って活性酸素の働きを抑えましょう。

 

★妊活中の女性は、葉酸の摂取を。特に妊娠初期の赤ちゃんにはたくさんの葉酸が必要です。ブロッコリーやホウレン草など、冬が旬の緑黄色野菜に多く含まれています。

 

発酵食品や海藻などで腸内環境を整える

免疫細胞の約6割は腸に集中しているので、腸内環境を整える事で免疫力も向上します。

乳酸菌を含む食材や、オリゴ糖が摂れるごぼうや大豆もOK。便通をよくして腸内の毒素を排出するため、食物繊維を含むキノコや海藻、オクラもおすすめです。

 

★女性は、女性ホルモンのバランスにより便秘になりやすい時期があります。

食生活の乱れや食物繊維不足に注意し、みそやキムチなどの発酵食品も積極的に摂りましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

カラダを元気にする食材をご紹介してきましたが、食材をバランスよく摂取する事でカラダは元気に、そして免疫力がUPして一石二鳥ですね。

 

―次に繋げる―

就労移行支援プラーナは、あらゆる視点であなたの就職活動とその先のサポートをしていきます。

お気軽にご連絡くださいませ。

お問い合わせ専用フリーダイヤル:0120-40-3229

お問い合わせメールアドレス:info@prana-g.com

前の記事 お知らせ一覧へ 次の記事