プラーナ海老名からのお知らせ

プラーナ海老名

セルフケアを習慣化し、梅雨の不調を乗り切ろう!

セルフケアを習慣化して、梅雨の不調を乗り切ろう

こんにちは、プラーナ海老名です。

5月中旬となり、最近は朝晩と日中の気温差があり、毎日天気も変わりやすいですね。
関東は6月上旬頃に例年梅雨入りとなっていますが、今年は例年より早い梅雨入りとなるのでしょうか…。
これから雨が多くなると、ジメジメと蒸し暑く、気持ちも沈みがちになりますよね。

雨の多い梅雨時や気候が変化する季節の変わり目は、きちんと体調管理をすることがとても大切です。

本格的な梅雨入り前に、セルフケアを習慣化して乗り切っていきましょう!

 

 

 

梅雨の不調の原因

 

梅雨の不調の原因

 

梅雨は気温と気圧の変化が多く私たちの体にも様々な影響が及ぼします。

梅雨時期に頭痛や耳鳴りがするなど不調を感じ、体調を崩すことはありませんか?

また、雨や不安定な天気が続くことで気持ちも沈みやすくありませんか?

 

梅雨の不調の原因は、朝晩と日中の気温差、晴れと天候不良の時の寒暖差、湿度の高さ、日照不足などが自律神経にも影響を与え、バランスを崩し上手く対応できないためと言われています。

自律神経の乱れから、頭痛や耳鳴り、めまい、むくみ、疲労、気分の落ち込みなどに肉体的にも精神的にも様々な症状が現れます。

また、体のだるさや以前怪我した箇所が痛むこともあるでしょう。不快に感じる症状が多くでることもあり、それが更に気持ちの憂鬱さにつながることもあります。

 

しかし、梅雨の期間は次に来る夏に向けての体の調整期間でもあります。

梅雨明け後には、厳しい暑さが待っています。梅雨時期の不調を引きずったままだと、今度は夏バテになってしまう恐れがあります。

そのため、梅雨時期から日々のセルフケアで体調不良の予防と改善をしていくことがとても重要なのです。

 

 

セルフケアの重要性と具体例

 

セルフケアの重要性と具体例

 

セルフケアとは、自分自身をケアすることで「自分の健康は自分で守る」という考え方を理解し、そのために必要な知識、技法を身につけ、日常生活の場でそれを積極的に実施できることです。

セルフケアの役割は、症状をコントロールすることと体調管理です。
症状が起こった時にその症状に対処する方法と症状が起こらないように日頃から注意する方法を身に付けておくことで、自身の体調管理に役立てることができます。

 

セルフケアは基本的には「こうしなければならない」というものはありません。
自分の特性にあわせてできることを行なっていくことが基本となります。そして、「できることを続けていくこと」が大切です。
セルフケアは、ストレスに対するケア、健康的な生活習慣、食事、睡眠、運動、リラクゼーションについて取り組むことが挙げられます。

以下、具体例をご紹介します。みなさんも自分のセルフケアをリストアップして実践してみましょう!

 

  • 瞑想をする
  • ツボ押し
  • 耳のマッサージをする
  • 栄養バランスの整った食事を摂る
  • アロマを焚く
  • コーヒーや紅茶をゆっくり飲む
  • お気に入りの本を読む
  • 普段よりも長めにお風呂に入る
  • ストレッチやヨガをする
  • 周りの風景を楽しみながらゆっくりと散歩をする
  • 心配事や気になっていることを書き出す
  • 深呼吸をする 

 

瞑想は自律神経が整いストレスの軽減や不安解消、不眠症の改善などが期待できます。
瞑想中は目を閉じて、自分の呼吸を意識するのが効果的です。

また、心身のバランスを整えるには、自律神経の働きを保つ作用がある、ビタミンAやビタミンB群の摂取がおすすめです。ビタミンの摂取が不足してくると自律神経のバランスが崩れていきます。
また、カルシウムはイライラを鎮めたり不眠改善を促す作用があり、マグネシウムにはビタミンB群の働きを助け、精神の安定やうつの緩和に効果があると言われています。

 

他にも実際にすでに日常的に取り組まれていることもあるでしょう。

難しく考える必要はありません。日々の中で取り組んでいるささいなことでもしっかり効果があります。
自分にとって気分転換になることや健康でいられることを、少しずつ取り入れてみましょう。

 

 

まとめ

 

体調管理について、障がい者雇用の採用面接ではセルフケアに取り組んでいることを質問されることがよくあります。

自身の体調管理について不調の要因を把握していることや対処方法をしっかり持っていることを確認するためです。
就職すると今までと環境が大きく変わるため、慣れるまでは緊張感が続き、疲れやすい方が多いと思います。
日々の緊張や疲れを癒していくためにも、自身で取り組み解消していくセルフケアが重要になってきます。

上記に紹介した以外にも、より良い睡眠を取るための環境づくりや1日の中にリラックスタイムを設けるのも良いでしょう。

 

プラーナでは体調管理系カリキュラムの1つに「WRAP(元気回復行動プラン)」というカリキュラムがあります。

自分の身体の調子を意識することで、自分に対する気付きやその対処法を考えていくカリキュラムです。

今回ご紹介した梅雨時期など季節の変わり目に限らず、様々な場面での体調管理やメンタル面についてを考えていく内容もあります。

自分一人ではなかなか良いアイデアが浮かばないと悩む方もいらっしゃるかもしれません。考え方のポイントをお伝えするだけでなく、利用者のみなさんと意見をシェアすることでお互い参考にし、役立てています。

体調管理系のカリキュラムの他にも、コミュケーションなど対人スキル向上に役立つ内容やビジネスマナーなどの内容のカリキュラムも行っています。

また、就職活動を進めていく中で応募書類作成や面接練習なども個別相談などにも対応しております。

就職活動でお困りの方、一人では何から取り組んでいいか分からないとお悩みの方、ご興味ある方はぜひお問合せください。

 

お問い合わせはこちらから

 

―次に繋げる―

就労移行支援プラーナは、あらゆる視点であなたの就職活動とその先のサポートをしていきます。

お気軽にご連絡くださいませ。

お問い合わせ専用フリーダイヤル:0120-40-3229

お問い合わせメールアドレス:info@prana-g.com

前の記事 お知らせ一覧へ 次の記事